健康辞典

水に溶けやすいビタミンがある? 野菜の栄養素の特性​

毎日野菜をたっぷり食べていますか? 

野菜にはその野菜に含まれる栄養が最も効率的に摂れる調理法というのがあります。
ただ食べるだけでは期待しているほどの栄養が摂取できていないことも…。
せっかく食べるなら、調理法にもこだわってみたいですね。

栄養素の中には、『水に溶けやすいもの』、『水には溶けにくいが油分に溶けるもの』があります。
ビタミンCやビタミンB群は水に溶けやすいので、これらを多く含むレタスやキャベツを切ってから洗ってしまうと、ビタミンがどんどん水に溶け出してしまいます。
キャベツの千切りをシャキッとさせるために切ってからしばらく水に漬けておいて、食べる直前に水を切るというのも、水に漬けている間に栄養がどんどん逃げてしまうのです。

水溶性ビタミンを多く含む葉物野菜なら、炒めて少し水を加えてから片栗粉でとろみを付け、その水に流れ出た栄養素ごと食べると、栄養満点、野菜のダシで味も良い一品となります。

ブロッコリーや人参などの緑黄色野菜も、茹でてしまってはビタミンが失われてしまいます。 茹でるよりは蒸すのがオススメです。
また、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAやビタミンEは油と一緒に摂ることで吸収率が高くなるので、油で炒めるのも効果的といわれています。
 

ビタミンのイメージ

 

健康辞典一覧にもどる>>